47都道府県中47位!?埼玉県の医師転職事情

医師不足に悩む埼玉県が雇用環境改善のために行っていること

2018年02月09日 10:34

埼玉県は産休・育休から復職したいと考える女性医師の支援を行っている


全国の中で最も医師不足の状況が深刻であると言われる埼玉県。
この状況をなんとかしなければと、同県では様々な取り組みを行っています。
その代表的なものが、女性医師への支援です。

埼玉県では「埼玉県女性医師支援センター」を運営し、ここで、一度キャリアを離れた女性医師の復職や再就職などの支援を行っているのです。

女性は、結婚や出産、育児や介護などが理由で臨床現場を離れることも少なくありません。
女性医師として働いていた人に中は、余裕ができたことで現場に戻りたいと願うケースも多く、埼玉県ではこうした女性に対して研修を受けられる状況を整え、復職のためのサポートを積極的に行っています。

画一的な研修ではなく、どのような臨床現場に戻りたいのかといった女性の意志、あるいは既に有している技術や知識などに応じて研修内容を決定することができ、それぞれの医師の希望に沿うような研修・復職環境を整えている点に特徴があります。

それだけではなく、育児に関する情報提供、女性医師同士の情報交換の場も提供され、新たな職場で働き始めた後の相談やサポートにも応じてくれるなどし、医師の確保と雇用環境改善に努めているのです。

埼玉県は開業医による拠点病院の支援も行っている


病院や診療所の数も医師数と同様に非常に深刻な状況にある埼玉県ですが、特に小児科では、この分野の医師の労働環境が過酷なものとなっており、患者がその弊害を被る自体も出てきています。

子供を持つ親としては、どうしても大きな病院で診てもらいたいという意識が働き、また、夜の時間帯や休日でも診療してもらえる拠点病院へと子供を連れていく傾向が強まってきています。
これは患者が拠点病院に集中することにつながり、その病院に勤める小児科医の負担がさらに大きくなってしまうという弊害を生み出すため、患者のためにも、あまり良い状況とは言えません。

県としてはこの状況をなんとかしようと、開業医による拠点病院の診療支援を拡充する施策を打ち出しているところです。

患者数が集中する夜の時間帯や休日に、周辺の開業医が拠点病院で患者の対応にあたれるような形にすれば、勤務医の労働環境を改善できるとともに、患者のニーズにも応えられるのではないか。
そのような考え方から、この施策を積極的に実施しているわけです。

小児科医の離職者を防ぐという意味では、大きな効果が期待できるでしょう。
すぐに状況は改善しないかもしれませんが、埼玉県はこのような取り組みを通じて、医師の雇用環境の改善に努めているところです。

埼玉県は医療機関に属していてもキャリアアップできる!?


通常医師がキャリアアップを目指すのであれば、転職という手段を余儀なくされます。
特に、勤務中の医療機関では学べない技術や知識に関しては、他の病院に移るか、アルバイトなどの形で別の医療機関で働くしかありません。
しかし、それで本当に学びたいことが学べるかは不透明でしょう。

埼玉県では、そのようなキャリアアップの意志を持っているが転職や他の医療機関に勤めることを躊躇している医師に対しても支援を行なっています。
それが、同県が運営する「埼玉県総合医局機構 地域医療教育センター」です。

ここは埼玉県内の医療機関で働く医師などが、新たな技術や知識を習得するための施設
非常に高度な研修を受けることができ、そのレベルは大学病院などにも負けてはいません。

これらを原則無料で受けられるわけですから、埼玉県内で働く医師にとっては、非常に大きなメリットとなるのではないでしょうか。




↑ PAGE TOP